「途中から2児のパパ」になるダンディージェントルマンにご興味を持って下さってありがとうございます。

あなたの為の《お助け屋》です。
あなただけの《お助け屋》と言っても過言ではありません。

「途中からパパ、、、」って言うのは、一緒になった彼女に子供が二人いたんですね。

さてさて、こういう言い方をするとわざとらしく聞こえて、「いかにも〜」って感じがして気がひけるのですが、敢えて言わせて下さい!

「子連れと結婚って素晴らしい!」

理由は単純です。!

ゲームで例えるなら最初のチュートリアルが終わっていきなりレベル20くらいからスタートするような感じです。

F1レースに例えるなら前日の予選も出場せずに本戦を10週目からスタートするような感じです。

料理で例えるなら〇分クッキングでもう下ごしらえが…みたいな。

もういいか、、、。

なにはともあれ、彼女が嫁になった瞬間に幸せな家庭がスタートするのです。

惚れた彼女とその家族、その両方が一緒になってくれるのです。
これを素晴らしいと言わずになんと言いましょうか!?

「グレート・ワンダフル・ライフ!」と言えばいいでしょうか?!

急にたくさんの幸せがやってきます。
テンションがうなぎ登りです!!

とはいえ、やっぱり大変な事はたくさん出てきます。
一人でいる時と家族ができた時とでは全然違います。

私みたいに堕落した一人暮らしが長いと特に…。
いろいろな弊害が見えてきます。

それまでは仕事帰りにコンビニで適当にご飯とお酒を買って、飲みながらのんびりテレビを見て、風呂入ってお酒飲んで、自分がやりたいことをしながらまたお酒を飲んで、、、。

休日は好きなだけ寝て、「今日は何しようかな~。」なんて考えてるうちに日が暮れて、仕方がないから飲みに出かけて、、、。

もう、そんな自堕落な生活は二度とやってきません!

家に帰ると小さな怪獣たちがそんなことをさせてくれません!(笑)

笑ったり怒ったり、泣いたりと怪獣映画のクライマックスばりに大騒ぎです。

自分も子供の扱いに熟知しているわけではないのでどう叱ればいいかわからなかったり、何かあるたびに「おか~しゃ~ん!」と泣かれたり。

妊娠、出産から始まる子育てのチュートリアルをすっ飛ばしていることでプレイヤースキルが足りないんです。
(※ちなみに私は一緒に生活し始めた途端に、すぐに深夜に泥酔して帰り、翌日の休日は二日酔いでダウンしてたら、嫁に「もうあなたにも子供がいるんだからそんなことはしないで!」とめちゃくちゃ怒られました。)

もうここは嫁にご教授願い、少しずつ覚えていくしかないです。
そして、家族として子供達との距離も少しずつ縮めていくしかないです。

そして、ここが今回のお話の大事なところなんですよ!!!

それは、彼女の子供達が生まれてから、私が彼女と結婚して、子供達の本当のパパになるまでの月日の事です。

彼女の子供達が生まれた時、もちろん私はいませんでした。
もちろん、子供達の本当のパパがいたからです。

そして、今に至るまでの時間的経過をゼロにして、子供達に「生まれた時に戻って〜!」って事はできません。

そりゃ〜、生まれた時からずっとそばにいるお母さんに子供は寄っていきますよ。

「子連れと結婚って素晴らしい!」というのは本音です。
今でもそう思っています。
ですが、子供達からしたら私は「よそからやってきたおっさん」からのスタートです。

ですから、子供たちが生まれてから私に出会うまで、子育ても何もせずに好き勝手に使っていた私の時間を、一緒にいられなかった数年間の分だけでもいいから埋めていきたいってつくづく思います。
少しづつ子供達と一緒にいられる時間を増やして、毎日をプラスしていこうと楽しく、時に厳しく過ごしています。

物理的な時間の埋め合わせはできません。
しかし、心理的な時間の埋め合わせはできるのです。

「精神的時間の幸福の共有!」

とは、そのようなものではないでしょうか?

過去の時間は埋められないですが、これから先の家族の距離は縮まっていくと思うのです。

戸惑うとは思いますが、そうしているうちに「旦那として、お父さんとして」の自覚もやはり芽生えてきます。

そんな時に子供達から「お父さん」って呼ばれると…。

涙腺崩壊して心の汗が止まらなくなります!(笑)

最後にもう一度言います!
この記事をここまで読んでくださった貴方もご一緒に今一度、言ってみて下さい!

「子連れと結婚って素晴らしい!」

家族の幸せを指数化したものを、幸福度指数と呼ぶのだそうです。

あなたの幸福度指数を本当に上げたければ、是非こちらを覗いてみて下さい。