一時的に困難から逃れても、決して死神があなたへの追求を諦める事はない、、、。

ゾッとすることですが、これは数少ないこの世の真実の1つです。
確かな1つなんです。

目的もなく進んでいると、必ずデッドゾーンと呼ばれる死の淵に立たされます。

だからこそ、世界の一流のメンターと呼ばれる先生達は、ゴール設定や願望の明確な定義付けを、あらゆるワークを通してあなたの体へ染み込ませようとします。

デッドゾーンに入ってからでは既に遅く、その時あなたに待っているのはまさに「死あるのみ!」です。

そこで、あなたに提案したいのです。

あなたは夢や目標など何かしらの欲求や願望がありますか?

例えば、痩せたいとか、金持ちになって世界一周したいとか、、、。

自らの野望を達成させたいっていう強烈な衝動の事です。

そりゃ、当然ありますよね。
だって無ければ、「死あるのみ!」なのですから。

多くの人がこうした願望を持って生きていることでしょう。

では、それに向けて行動していますか?

もちろん行動していますよね!
だって、待っているのが「死あるのみ!」なのですから。

「行動いるよ!当然だろ!!」
って思ったそこの貴方です。

はい!
貴方のような方に、まさにこの話をしたいと思います。

私は数年前に不動産投資をしました。
その不動産を持っている間に色々なことを経験しました。

その中には良いことも嫌なことも沢山ありました。

今回はそれらの事には詳しく触れませんが、とにかく色々あるんです。
不動産投資には!

不動産投資において、成功したか失敗したかは売却した後にわかるんです。

不動産の所有時には、残念ながらそれがわかりません。

私は買った時よりも高値で不動産を売却しました。
つまり成功しました。

しかしながら・・・。

不動産を高値で売却してもらった業者さんを過度に信じこんでしまい、本来なら払わなくて良い手数料など高額な料金を請求され、支払ってしまいました。

何故なら、「儲かってる!」と思っていたから、騙されたんです。

具体的に言うと、不動産仲介手数料は法律で定められたものを超えてはいけないんです。

つまり物件価格の3%プラス6万円より多く取ることは違法なんです。

それをコンサルタント料として取ることも違法です。

著名なある工務店がそれで問題をおこしていたそうです。

後から知った話だからその時は気付きませんでしたが、気がついた時にはもう後の祭りでした。

あろうことか、私ときたら、プラス200万円のコンサルタント料金を支払ってしまいました。

明らかにボッタクリ詐欺に遭っていたのです。

それだけではありません。
その後、嘘の投資話を持ちかけてこられた私は、その話にまんまと乗ってしまいました。

つまり、不動産の売却で利益を出し、人間関係の闇が見抜けなかったために、総額でかなりの損を出してしまっていたのです。

コンサルタント料のことや、投資話で騙されたことに気付いたのは、お金に余裕が無くなってきてからでした。

これが、投資における本当の罠なのです。

よく「投資で私はこんなに儲けた!稼いだ!」って本を出してる人がいますが、裏事情は「君の家計は火の車だよねー。」って人がほとんどなのです。

要は、本で有名になって、セミナーで儲けようとしている詐欺師だらけが出版業界のやる事なのです。

例えば、「年収1億円は『逆』からやってくる」って本がありますが、著者は年収1億円どころか、ほとんどお金を持ってなくて、仕事で稼げてないのが実情でした。

少し話がそれましたが、私はこの業者の人を恨みました。
悔しくて寝れませんでした。
寝ても覚めてもこのことが頭から離れませんでした。

そしてこの人に対して復讐したいという思いを抱きました。

「どのようにしてバレないようにボコボコにしてやろうか!」

と復讐のことを考えては思い止まっての日々でした。

そんな事ばかり考えていたある日、この一件を別の不動産屋さんに話してみました。

そしたら一言言われたのです。

「あなたも悪いですよ」

とまさかまさかの返答でした。
彼は私を庇ってくれませんでした。

それから胸に手を当てて考えてみました。

「そうだなぁー、、、あの不動産屋さんが言う通りだ。俺も悪かったな。」

こうべを垂れて、私の中の邪神がそれを引き寄せてしまったのだ、という結論に至りました。

当時の私を今振り返って思うことがあります。

目的地に到着する為に楽して早く辿り着こうとしている私がいた事を!

つまり、カモが私で、詐欺師はそれを見透かして私からお金をかっさらっていったのでした。

気分がちょっとした一流の投資家気分になっていた時なのです。

「俺は不労所得で生きていける人生の成功者!ラットレースを抜け出した富裕層!」

このような意識が脳内を支配していた時でした。

ロバートキヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」に啓発されて、ちょっとした富豪気分に浸っていた時でした。

しかしそれは、自分に酔っていた、ただそれだけの妄想だったのです。

それだけのことだったのです。

貴方も気をつけてください!!

楽して早く目的地まで辿り着けそうなうまい話が舞い込んできたら、その時は一度よーく考えて立ち止まってから行動して下さい。

でないとまんまと騙されますよ。
私のように!

投資で儲かった金を、マイナスになるまで剥ぎ取られた私の経験を是非参考にして下さい。

B‘zの唄にもこんなのがあります。

「Easy come, Easy go!」
(たやすく入ってきたものは、たやすく出て行ってしまう!)

もし、それを防ぎたければ、必ずこの情報を受け取って下さい。
負の経験をした者だけが、あなたに誠実な対応ができます。」