はい、どうも。
お助け屋でございます!
今回はちょいちょい惚気ながら書いていきます。

実は私、これでも2児のパパなんです!
しかもただのパパではございません!
「途中からパパ」なのです。
詳細は省くとして、簡単に言うと付き合った彼女に子供が二人いたんですね。

2歳と6歳の男の子。
えぇ、自分の惚れた女の子供なだけあって可愛いです!

そんな子供達との出会いはまだ寒い日の事でした。
当時、東京に住んでいた私は冬休みを利用して彼女のいる大阪へと来たわけです。

子供を連れて待っている彼女。
うん、可愛い。
その時、私の髪形はスキンヘッドから少しだけ伸びた頭なので子供たちに「じょりじょり〜」といじられたのはいい思い出です。

その日はみんなで水族館に行ったり、併設されている小さな遊園地もどきで遊びました。

しかし、まさかその夜にあんなことになるとは…。

晩御飯を食べて少しお酒も入りいい気分に。
やはり、遠距離恋愛していると実際に会うと下心もムクムクを鎌首をもたげます。
「子供達、早く寝ないかな…。」「大人の時間は何時からかな…。」
なんて、思ってしまうわけです。

でも、子供たちは寝ない。
お母さんが寝なさいと言っても寝ない。

家事をしたいお母さん。
遊びたい子供達。
下心が鎌首をもたげている私。
三つ巴です。

10時を回ったころ、さすがに子供は寝なあかん時間やろと子供達を布団に連れていく。
(だって、大人の時間を楽しみたいし。)
泣き出す子供たち、それを諭すお母さん、どうしていいか分からない自分。

だめです、この場にいられなくなりました。
その日はそのままイライラしながら予約したホテルに戻りました。

翌日、彼女から話を聞くと二人とももっと私と遊びたかった。
次、いつ来てくれるか分からないから一緒にいたかった。
と、泣きながら話していたと教えられました。

初めて会った私に対してそう言ってくれる子供の純粋さ。
凄く心が痛みました。

もし、これを読んでいる方の中に子持ちの彼女がいらっしゃる人は心に刻んでください。

「下心はほどほどに!!!」

彼女は自分の彼女である以上に、お母さんなんです。
そして、そんな彼女に会う時は、彼女だけに会いに行っているのではなく「家族に会う」と思ってください。

彼女を好きな気持ちは大切ですが、それと同じように、もしくはそれ以上に子供も彼女を愛しています。
そして、彼女は貴方と子供を愛しているはずです。
だから、彼女と同様に子供達も愛してあげてください。

そうしたら、下心よりも真心の方が先に出てきますよ♪